税理士試験から社労士試験に転向します

新年あけましておめでとうございます。

仕事を始めて全く更新が途絶えておりまして、大変申し訳ありません。

昨年は長い主婦生活からフルタイムの仕事に復帰して、あまりに慌ただしい一年でした。あっという間に終わったというか駆け抜けたという感じです。

帰ってから子供の食事明日の準備、家事の残務…子供と寝落ちそして、また翌日は仕事の日々で落ち着いて振り返る暇さえありませんでした。

やっと年末年始にまとまった休みがとれて、これからのこと、2019年のことをじっくり考える時間ができました。

2019年の目標

私の担当業務は会計にありますが、メインは総務業務となりました。そうなると必要なのは人事労務関係の知識です。

以前多少経験済みの業務だったとはいえ、いつの間にか制度改正で大幅にルールも変わっており、私の知識は古くなっており役に立ちません。また、異業種ということもあり、全く業務の進め方も事業の規模も業界の常識も違います。

新しい職場で一番辛かった事は全担当からの引き継ぎ期間が短かった事(1ヶ月なかった)と、自分の知識・経験不足です。圧倒的に労務系の知識が足りず、わからない事、知らないことが多すぎました。

でも、職員は当然すぐに答えがもらえると、次々問い合わせが入ります。それに、すぐに答えられないもどかしさ。自分の知識が正しいのか常に不安でした。

でも、しっかりとした勉強をする時間も取れないまま2018年が終わってしまい、もっと基本を勉強する必要を痛感しています。

今仕事で急いで身につけないといけない事は何かと考えると、税理士の知識ではありません。正しい労務の知識です。

そこで、2019年は税理士試験は受けず、社労士試験を受けることにしました。

試験は例年11月の1回のみ。合格率は税理士試験と同じぐらいのようです。

2019年の目標は、社労士試験合格。

資格を取れば確実な労務の知識を身につき、毎月の給与もアップします。

どうせ勉強するなら合格を目指して知識を確固たるものにしたい。そうすれば足元が固まらないこの不安感から解放され、迷わず問い合わせにも答えられるようになります。

試験まで1年ありませんが、やると決めたからには初年度合格を目指します!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください