ワーママ とか主婦とか関係なし!お掃除ロボットとドラム式洗濯機の作り出す時間と心のゆとりはプライスレス。

タイトル通りなのですが、働いているとか働いていないとか関係なく、特に子供がいる家庭はドラム式洗濯機とお掃除ロボットを全力でお勧めします!

その理由を今から熱く語ります。

お掃除ロボットをお勧めする理由!金額がネックだったらルンバにこだわる必要なし

実は働くまでドラム式洗濯機もお掃除ロボットも家にはありませんでした。

「欲しいな」と漠然とは思っていましたが、縦型洗濯機は壊れていないし、掃除機はマキタのコードレスがありました。

何より、値段が最大の壁。

主婦なのに、今あるものが使えるのに、高額なドラム式洗濯機(最低10万以上)、ルンバに至っては最低価格5〜10万とか…贅沢!私が掃除洗濯干せば良いんだし、無駄なお金を使うなら子供の教育資金や将来の貯蓄にと考えていました。

夫が毎年誕生日に「プレゼントはルンバが良い?」と聞いてくるので、私が仕事は始めたら買おうかと冗談めかして受け答えしていました。

そして、私の仕事が決まりまだ勤務も開始してないのに、夫がある日ルンバの箱をを抱えて帰ってきました。それもその時販売していた最上位機種…。

仕事が決まったらと答えていたのをしっかり覚えていたようです。

このルンバ960。お値段、なんと約97,000円。高い!高いよ!それにまだ初給料すら入ってないのに!贅沢すぎる!

購入当初は喜びよりも高額な買い物を相談なしにした夫に憤りすら覚えました。

しかし、使ってみるとすっかりルンバの虜に。

時間になったきっちり隅々まで掃除をしてくれて、カーペット上もOK。マキタのコードレス掃除機も購入当初は便利だと思っていたけれど、それでも出し入れや保管場所の確保、充電の手間はありました。

寝て起きたらもう一階の掃除は終わっています。子供の食べこぼしも、髪の毛も埃も綺麗さっぱり。

1階はルンバ。マキタは2階用になりました。しかし、人間楽さを覚えると欲が出ます。

これって二階にもお掃除ロボット買えば、掃除する必要なくなるのでは?

でも、流石に使用頻度の低い2階に高額なルンバを買うのは躊躇われます。そこで、ルンバじゃないお掃除ロボットを探しました。知らなかっただけでルンバ以外もたくさん種類があるんですね。値段も1万円以下のものまで種類も抱負。

口コミを参考に予算2万以下の条件で探して、これを2階用として購入しました。

私が購入した時は17,900円でしたが、ルンバじゃなくてもこれで十分。カーペットの上とか細かい事はやはりルンバの方が上ですが、通常のお掃除機能は同じですし、落下防止もあるし、時間予約も可能。

これで、家中の掃除がお掃除ロボットで完結。個別にしないといけないのはベランダと玄関ぐらいです。それでも今までの掃除範囲を考えれば5分もかかりません。

ルンバ以外ができない床以外の埃や汚れもありますが、それは休みの日にすれば良いんです。

私は綺麗好きというか毎日一回掃除しないと落ち着かないタイプでした。埃や汚れが目に付くと掃除せずにはいられません。潔癖症というよりは、常に綺麗しておかないといけないという謎の強迫観念がありました。

それは夫が突然来客を連れてきたりすることも理由の一つですが、汚い状態を自分が許せないというか落ち着かなかったんですね。特に子供は食事や遊ぶ度に色々とこぼす年齢なので、それを放置するということができませんでした。

でも、今回お掃除ロボットを2台導入して、「掃除しなくては」という一瞬脅迫的な義務感からというか、そういうものから解放されました。

お掃除ロボットがしてくれるし、相当気になるモノ以外はもう夜までおいておこうと心のゆとりができました。

用事が立て込んだり仕事で遅くなって掃除できなくて「今日は掃除できてない。汚いから落ち着かない」ということもなくなりました。

子供達も今まではおもちゃを放置する事もありましたが、「ルンバに吸われちゃう」と進んで夜寝る前に片付けるようになりました。

高いから、贅沢だから、と敬遠してきたけれど、もっと早く買っていれば、今までのイライラや時間に追われている感じもなかったんだろうなと思います。

主婦で働いてないのに、今あるものがまだ使えるのに。

私もずーっとそう思って購入をしませんでした。

でも、間違いなくあれば便利で自分や家族の時間が増えます。

買って大事にすれば長く使えます。便利な家電が生み出す目に見えない気持ちのゆとりは、お金以上の価値をもたらしてくれます。

長くなってしまいましたので、ドラム式洗濯機については次回ブログで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください