テレワークは不自由だけどメリット大

現在、テレワークは週一程度。導入当初、会社勤務が当たり前の身としては、抵抗がありました。でも、始めると思った以上に良かった!が正直な感想です。

この感動をお伝えすべく、今日はテレワークのメリットとデメリットをお伝えします。

テレワークで感じるメリット

  1. 通勤時間がない(朝ゆっくり準備できる・お迎えの時間を気にしなくて良い)
  2. 服装を選ぶ必要がない(ZOOMで映らないところは超適当)
  3. 仕事と並行して他のことができる(足元にマッサージ機置いてパソコン作業)
  4. 自分にとって最適な環境づくりができる(デスク周りを好きにカスタム可能。使い勝手の良いPC台を設置したり、好きな音楽をかけて作業ができる)
  5. 電話がかかってこない
  6. 残業がない

大きく以上の5つが挙げられますが、やっぱりみなさん一番、通勤時間が大きいんではないでしょうか。

私の通勤時間は30分程度ですが、往復1時間短縮は違いますね。

でもでも、個人的最大のメリットは《⒌電話がかかってこない》なんです!

私の所属する部署は本当に電話が常に鳴ってるんじゃないかというぐらい、電話がかかってくる部署なんですが、テレワークでそれがほぼ0に!

急ぎ対応が必要な場合はかかってきますが、よっぽど重要案件のみ。

電話って作業を中断する天才だと思うんです。

朝一で1日のタスク消化予定を立てても、電話対応してたら、「あら?いつの間にか夕方・・・うわぁ、今日のタスク一つぐらいしか片付いてないよ・・・もう帰らなきゃ」ってよくあるんです。

電話って「すぐに」対応を迫られる。

鳴ればすぐに取らなければいけないし、要件は素早く処理しないといけない、ちょと待ってとか、後でが許されない。

そういう電話対応に忙殺されて、今まで翌日にどんどん繰り越されてきたタスクをサクサク処理できる!

やっと本業に全集中できると、それが一番感動しました。テレワーク万歳!

と言いつつも、デメリットが全くないわけではありません。

テレワークのデメリット

  1. 会話がない
  2. テレワークの翌日デスクには伝言メモと書類の山            
  3. パソコンや資料など荷物が増える
  4. テレワークしていない他のスタッフの負担が増える(これは休みの時とかもそうなので、お互い様として割り切るしかない)

雑談って無駄なようで大切で、情報交換したりもできるし、人間関係の良い潤滑剤だと思います。会社では良くも悪くもいろんな人と会話ができる。

テレワークだとメールかチャット。「今日は家族以外と会話してない」という状態。ずっとテレワークのみって方は、孤独なんじゃないかと。

それが苦じゃないし、むしろ楽しいと思える方は良いですが、私はずっとは無理そうでした。

子供が乳児時代に密室育児で感じていた閉塞感をちょっと思い出したり。

あと、テレワーク翌日のデスクの書類の山を片付けるの辛い。伝言メモの折り返し電話をかけて、未処理案件を片付けるだけで半日終わる+いつもの電話対応。

最大の課題は、テレワーク中に業務が溜まらないようにするです。

テレワークしたら業務が滞ったとか、本末転倒すぎる。それならしないほうがまだ良いレベル。

新しいタブでプレビュー

誰かが不在でも他のスタッフが対応できるようになるのが一番良いのですが、諸事情あり、現状すぐには難しそうです。

なので、まずは紙の書類を極限まで減らす!紙がなくならない限りは出勤は絶対必要になるので、そっち方面を攻めていきます。

テレワークの時に気をつけていること

  1. 化粧はいつも通りする
  2. 休憩はちゃんととる
  3. 業務時間以外ではパソコンは開かない

服装は置いといて、化粧しないと気持ちのスイッチが入らないので、化粧だけは面倒だけどするようにしています。たまに急なZOOM会議とかあるので、流石にすっぴんは他の方にも失礼かなと。

休憩もちゃんととる。自分で自由に決めれる分、そこはきっちりタイマーで計ってます。会社では無理だけど、仮眠もできるので頭がクリアになって、午後からの作業がすごく捗る。

あとは手元にパソコンがあると、ちょっと気になって業務時間外にメール見たりデータチェックしたりしたくなるけど、絶対見ない。見たら最後、気になってしまってプライベート時間が台無し。

と、まぁ色々書きましたが、個人的にはテレワークすごく良いです。いつもは時間に追われているけど、朝もゆっくり子供を見送れるし、業務も終業時間ジャストで終われる。

家族との時間が増えたのは、本当に良かったと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください